03-5990-5366 10:00~19:00

こんにちは、ジェイマックスリクルートメントです!
転職活動を始める上では、そもそもIT企業にはどのような種類があるのか…
エンジニアとして働く上ではどのような特徴があるのか…
全体を分かっておくことも、重要になりますよね。

 

前編では、「お客さまに向けてITソリューションを提供するSIer」の3種類と
お客さまがSIerに依頼をしたあとの流れをまとめました。(前編はこちら

 

今回は後編として、「対 利用者向け」にシステム開発を行う、
自社サービス企業・事業会社についてまとめます!
今後のキャリアをイメージする意味でも参考になりましたら幸いです。

 

 

■ 自分たちでサービスを生み出し、提供をする自社サービス企業 2種類

自社サービス企業は、自分たちで何らかのプロダクト、
サービスを企画・開発し、世に生み出している運営企業のことを呼びます。
中でも、大きく2種類に分けられます。

 

① BtoCサービス企業   ②BtoBサービス企業

 

- BtoCサービス企業: 一般消費者に向けて自社サービスを提供している企業
- BtoBサービス企業: 法人企業に向けて自社サービスを提供している企業

 

BtoCは「Business to Consumer」、BtoBは「Business to Business」の略称となり、自社サービス企業の中には、提供しているサービスのビジネスモデルに違いがあることにも注目です!(※その他、BtoBtoC・CtoC・DtoCなどのビジネスモデルの企業様もあります)

(例)
・BtoCサービス… LINE、Yahoo、ゲームアプリ、Twitterなどなど
・BtoBサービス… 会計、経費精算、営業管理、マーケティングプラットフォームなど

BtoCサービスは、知名度も高くユーザーの反応が得られやすいことが特徴的ですが、情勢に左右されるリスクもあり、定期的に売り上げを上げていくことが難しいケースもあります。

 

BtoBサービスは、長期間にわたる取引も多く安定感があり、知名度はなくても知る人ぞ知る優良企業が多いことが特徴的です。

自社サービス企業の場合には、ビジネスモデルにも注目しながら選びたいですね!

 

 

■自社の社員の方々が使うシステムに携わる!事業会社の社内SE

自社でサービスを展開する企業はITサービスを事業の生業にしている場合が多いですが、
そうではない事業会社でもエンジニアとしての活躍の場があります。

それが、事業会社での「社内SE」ポジションです。
自社の社員のためのITシステム担当として業務をする立場の方々を
「社内SE」「情報システムエンジニア」などと呼びます。

社内SEの業務内容は、社内のシステムに付随する幅広い業務を担当することが多く、
中でも大きく3つに分けられます。

 

①IT戦略・システム企画  ②開発・構築・運用・保守  ③コーポレート・サポート

 

- IT戦略・システム企画:
業務分析、投資対効果算出、方針策定、予算獲得、経営層へプレゼンなど

- 開発・構築・運用・保守:
基幹システム開発、社内インフラ構築、運用保守、ベンダーコントロールなど

- コーポレート・サポート:
各部門と連絡、IT統制、監査対応、IT資産管理、ヘルプデスク、アカウント管理など

 

社内SEの場合には、エンドユーザーは自社の社員の方々になります。システムを利用する方々との距離が近いことが特徴的ですが、社内のIT理解を得ることが大変な場面もあります。

 

また、事業会社の社内SEの中でも、外部の協力会社であるITベンダー(SIer)にシステム開発やインフラ構築を依頼する場合もあります。

(例)
事業会社の社内SE   … 発注・ITベンダーの管理(成果物・進捗)

プライム・1次請けSIer    … 要求整理・要件定義

2~3次請けSIer    … 基本設計・詳細設計・実装・テスト

企業によっても社内SEの業務幅が変わります。業務内容にも注目しながら選びたいですね!

 

 

■まとめ

今回は前編、後編にかけて、IT業界で働くにあたっての企業の種類をまとめてみました。

 

● お客様にITソリューションを提供するSIer(ユーザー系、メーカー系、独立系)
● 自分たちでサービスを生み、世に出す自社サービス(BtoCサービス、BtoBサービス)
● 自社の社員が使うシステムに携わる事業会社の社内SE(企画、保守運用、サポート)

 

それぞれの特徴・業務内容を抑えた上で、自分がやりたいことを振り返り、
今後のキャリアを考えることも大切です。お話をしながら、考えがまとまることもございますので、
どうぞお気軽に私たちまでご相談ください♪

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

こんにちは!ジェイマックスリクルートメントです。
エンジニアとして働く中では、自分の経験が活かせる会社はどんなところがあるのか…、
他の会社はどんな働き方なのか…、気になるところも出てきますよね。

 

転職活動を始める上では、まず企業の種類を知っておくことも大切です◎
今回は、IT企業の種類をまとめてみました。長くなりましたので、前編と後編に分けます♪

 

 

お客さまに向けて、ITソリューションを提供するSIer 3種類

 

SIer(エスアイヤー)は、システムインテグレーターの略語です。
システム開発にまつわるすべてのことをお客さまの代わりに引き受けて、
ITシステムを提供している企業です。

 

中でも、大きく3つの種類に分けられます。

 

① ユーザー系   ② メーカー系   ③ 独立系

- ユーザー系: 銀行、証券、保険、商社などの親会社が業務で使用するシステムの開発
- メーカー系: NTT、日立、NEC、富士通など親会社から下りてくる案件の開発
- 独立系: 親会社を持たず、自分たちで案件をとってきてシステムを開発

 

 

<深掘り!> SIerは、いろんな会社と協力してシステム開発をしている…?

 

自社の社員だけでお客さまのシステム開発を行う場合もありますが、
金融システムや官公庁のシステムなど大規模なシステム開発を行う場合には、
自社の社員だけでの開発は難しいケースもよくあります。

 

そういった場合には、いろんな協力会社と契約を結び、下記のような流れでシステムが依頼されていきます。

 

(例)
エンドユーザー … 依頼

プライムSIer  … 要求整理・要件定義

2次請けSIer  … 基本設計・詳細設計・実装

3次請けSIer  … 実装・テスト・保守運用

 

お客さまから直接、案件の依頼を受けるSIerは、「プライムSIer」もしくは「元請け・1次請けSIer」と呼ばれます。
その後、2次請け、3次請けのSIerに協力を依頼し、システムの完成まで進めていく流れが多いです。

 

直接のお客さまとの折衝や厳しい交渉、上流工程の経験を積みたい場合には、
プライムに近いSIerの方が経験を積みやすく、手を動かしながら様々なシステム開発を行いたい場合には、
プライムより下のSIerにて経験を積まれると良さそうです。
( ※ 年収面は、プライムのSIerに近いほど高い傾向があります…!)

 

SIerで働く上では、どのような立場で働くのかもポイントになりますね♪

 

 

まとめ

 

今回は「お客さまに向けてITソリューションを提供するSIer」の種類についてまとめてみました!

 

> SIer 3種類(ユーザー系、メーカー系、独立系)

> 依頼の流れ(エンドユーザー ⇒ プライムSIer ⇒ 2次、3次請けSIer)

 

 

企業を調べる際の参考になりましたら幸いです♪

後編では、「対 利用者向け」にシステム開発を行う、自社サービス企業・事業会社についてまとめます。こちらもぜひ見てみてください。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

■面接対策

 

面接というと苦手意識を持っている方もいらっしゃるかと思いますが
面接は結局「会話」にすぎません。

 

難しく考え過ぎてしまうよりも、シンプルに会話を楽しんで頂くことを
心掛けて頂くと面接への印象がぐっと変わってくるかもしれません。

 

また、面接は緊張するのが普通ですので、
緊張しても大丈夫なように話をする内容をあらかじめ決めておくことも大切です。

 

皆さんに是非面接を楽しんで頂きたいと思いますので、
ここでは面接を楽しんで頂くためのポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

 

 

①転職理由を整理しておく

 

 

転職を思い立った背景は色々あると思いますが、
そのすべてを説明しようとすると、どうしてもお話が長くなりがちです。。。

 

ネガティブな感情は一旦おいておいて、(できれば紙に書きだしておきましょう)
転職を通じて「今後自分がどうなりたいのか」ということにフォーカスして
転職理由を説明するとすっきりとお話ができるケース多いです。

 

例を挙げてみたいと思います。

 

■転職を考えた背景

1)年収がなかなか上がらない。
2)作ったサービスがどのように使われているのか見えないのでやりがいが無い。

このような場合には、未来への願望を含めて以下のように話せば
すっきり転職理由が説明できると思います。

 

1)年収がなかなか上がらない。

明確な人事評価制度があり、昇給がある環境で働きたい。

2)作ったサービスがどのように使われているのか見えないのでやりがいが無い。

エンドユーザーの反応を聞きながら、より良いサービスを作っていきたい。

転職理由は、未来への願望をお話するようにしてみて下さい。

 

②ボールを持ちすぎない

 

 

面接官の問いかけに対して、一生懸命に回答しようとするあまり、
ついつい長く回答しすぎてしまう、ということはありませんでしょうか。

あまり長く話をしてしまうと、話の要点が伝わりづらくなりますし、
ロジカルさに欠ける方という印象を持たれてしまうこともあります。。。

面接官からの質問に対しては、まず結論を回答して、
その後に補足説明をするというスタイルで、テンポ良い会話を心掛けてみて下さい。

 

面接は会話のキャッチボールです!

 

③過去の経験について、自問自答しておく

 

 

職務経歴書を作り上げたら、
是非過去のご経験について自問自答をしてみて下さい。

自分自身が面接でアピールする内容が見えてきます!

 

(例)
・リーダー経験が8年間ある
⇒リーダーをしていた時に心掛けていたことは?

 

・炎上している案件に入り、無事にプロジェクトを完遂させた。
⇒どうやって炎上案件を鎮火させたのか。工夫したことは?

 

こんな風に自問自答を繰り返しておくことで、
面接時にはゆとりを持って面接に臨めるようになります。

面接は事前準備がすべてです。

 

④将来のキャリアプランを考えておく

 

 

転職理由が労働環境の改善だったりする場合には、
将来に向けたキャリアプランが明確になっていないこともあるかもしれません。

入社後のミスマッチを無くすために、
企業が面接の際に一番重視するポイントは「将来のキャリアプラン」です。

 

自分はこうなりたい!というキャリアプランが明確な方には、
企業側も安心して内定を出すことが出来ます。

 

将来のキャリアプランが明確になっていない場合には、
時間軸を交えながら今後に向けたキャリアプランを明確にしてみて下さい。
(例)1年後にはリーダーに、3年以内にはマネージャーとして組織を牽引する

キャリアプランを実現していく上で、もしスキルが不足していると感じた場合には、
どのようにキャッチアップするつもりなのか具体的にお話できるようにご準備下さい。

 

自分のスキルアップ計画をロジカルに説明できる方は
企業から良い印象を持たれやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここでは面接を楽しんで頂くためのポイントを記載してみましたが、
弊社の転職支援サービスをご利用頂ける場合には、
模擬面接を通じてより具体的な対策をして頂くことも可能です。

面接を楽しみたいとお考えの方は、是非弊社サービスにお申込み下さい!

転職の裏技

 

普段皆さんの転職活動のご支援をしていますと、
「そんなことできるんですか?」と非常に喜んで頂けることがいくつもございます。

私たちの目線では当たり前と思っていることでも、
意外と知られていない「転職時のちょっとしたコツ」は沢山ございます。

ここではその「転職時のちょっとしたコツ」を
「転職の裏ワザ」として紹介させて頂きます。

 

・ポジションサーチができる

 

どうしてもこの会社で働きたい。
でも、今は自分にマッチした求人募集が無い。。。

こんな時、大半の方はその会社を諦めてしまうのではないでしょうか。
でも諦めるのはまだ早いです!

エンジニア職種におきましては、多くの企業で通年採用をしており、
良い方がいれば採用の枠を特別に作って頂けるケースもめずらしくありません。

弊社でも募集の無い企業に掛け合って面接をして頂き、
ご入社に至ったような成功事例を複数持っております。

募集求人は無いけれどどうしてもこの会社に入りたい
という企業がございましたら、どうぞお気軽に私たちご相談下さい。

該当企業と相談をしまして、面接の機会をご提供できるように努めます。

 

・内定回答期限は延ばせる

 

 

「明日のA社での最終面接なのですが、
他社エージェント紹介のB社から内定が出まして、
明日までに返事をして欲しいと言われていて困っています。。。
どうしたらよいでしょうか?」

 

 

こちらは実際にあったご相談なのですが、
人生に大きな影響を与える転職先をこのようなスピード感で
決定するのはとても難しいと思います。

 

回答期限の延長は、すでにエージェント経由で
お願いしたとのことでしたが、延長はできないと断られています。

 

 

B社の内定回答期限をもう少し延ばして頂ければ
納得感のあるご転職が実現できると思いますが、
こんな時はどうしたらよいのでしょうか?

 

皆さんに一つ知っておいて頂きたいのは、
このように急な回答期限を設定されている場合には、
エージェント側の都合で回答期限が設定されている可能性があるとのことです。

 

 

その場合には、回答期限は延ばして頂くことができますので、
以下のようにエージェントにお話をしてみて下さい。

「回答期限の件で既に企業と交渉をして頂いたとのこと、
ありがとうございます。

 

今回の転職はとても大切な転職なので、
回答期限については改めて私からも企業にお願いをしたいです。
ご担当者のお名前と連絡先をお知らせ下さい」

実際にこのようにエージェントにお話をして頂くことで、
回答期限を延ばして頂くことが出来た事例が複数ございます。

 

 

・退職交渉では法律を味方につける

 

最近はどの企業でもエンジニア採用が難航していることもあり、
退職交渉の際には強い引き留めを受けることが多くなっています。

 

これまで私たちがサポートしてきた方の中でも、
「退職は半年後でないと認めない」と強い引き留めを受けた方もいましたが、
さすがに半年後のご転職となりますと内定が取り消しとなる場合もございます。

 

私たちを頼って頂ける場合には、私たちが退職交渉のサポートを致しますが、
お独りで退職交渉をする場合に備えて、知っておいて頂きたい点を共有いたします。

 

退職日について

2週間以上先の日付を退職希望日として申請する場合には、
企業側としてはそれを受理しないといけません。

仮に就業規定にて60日前の退職告知義務があったとしても、
法律で定められている14日前の告知義務が優先されます。

 

 

皆さんが法律で守られていることはお知りおきください。

 

 

その後は、いつ退職の意思を伝えたのかわかるように、
退職交渉の前にメールにて退職の意思と退職希望日をお伝えください。
その後に会社と話し合いをすることをお勧めしたいです。

 

 

このプロセスを踏んで頂くことで
退職の意思と希望退職日を伝えた履歴が残りますので、
もし退職交渉が難航した場合でも法律が皆さんを守ってくれます。

 

退職交渉はなかなかにストレスのかかる交渉ですので、
法律を味方につけながらじっくりとお話をしてみて下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここでは3つの「転職の裏ワザ」をご紹介させて頂きましたが、
他にもご紹介できる裏ワザはございます。

 

独りでの転職活動はなかなか大変だと思いますので、
転職活動を一緒に乗り切るパートナーをお探しでしたら、
是非お気軽に私たちにお声をかけて下さい。
全力で皆さんを応援させて頂きます!

■転職準備編 「理想の明確化と、転職市場のニーズを踏まえたゴール設定」

 

 

ハッピーな転職をして頂くためにも、
最初に「転職のゴール」を定めることはとても大切です。

進むべき方向が明確であれば正しい決断もできますし、
転職活動を乗り切るモチベーションを保つことができると思います。

以下に私たちがお勧めする転職のゴールを定めるための
2つのステップをご紹介していきます。

 

①自分にとっての理想を明確にする

 

 

まずは転職をしたいと考えた理由を
リラックスした状態で紙に書き出してみてください。
書き出す理由は、いくつでもokです。

お話を分かりやすくするために、ここでは例を挙げてみます。

 

●転職を考えた背景・理由

 

1)年収がなかなか上がらない。

2)作ったサービスがどのように使われているのか、ユーザーの評価を知りたい。

3)レガシーな開発環境しか経験できないため今後を考えると不安。

転職を考えた理由を3つ書きましたので
今度はそれぞれについて自分の理想を深堀してみます。

 

1)年収がなかなか上がらない。

⇒自分の理想を深堀すると

 

a)今の年収を上げたい。
b)自分の成果について、納得できる人事評価をして欲しい。

 

2)作ったサービスがどのように使われているのか、ユーザーの評価を知りたい。

⇒自分の理想を深堀すると

 

c)開発したら終わりではなく、1つのサービスに長く関わりたい。
d)ユーザーの声を聞きながら働きたい。

 

3)レガシーな開発環境しか経験できないため、今後を考えると不安がある。

⇒自分の理想を深堀すると

 

e)モダンな環境で開発経験を積みたい。
f)AIのように流行のサービスに関わりたい。

 

転職を考えた背景を深堀をすることで、
6つの理想が明確になりました!

こんな感じで、
まずは皆さんの理想を明確化してみて下さい。

 

 

②転職市場のニーズを知る

 

 

自分の理想が明確になりましたら、
次は転職市場のニーズを探ってみましょう。

 

まずは、転職サイトなどに掲載されている求人情報をチェックして
自分の理想を実現できそうな求人を2~3ピックアップしていきます。

求人の選定が出来ましたら、その求人に記載されている
応募時の必須要件と尚可要件を確認してみてください。

 

技術スキルについては、応募要件を満たせていない場合でも、
技術の勉強を続けていたり、プライベート活動の成果物を提出できる場合は
転職に成功するケースは多々あります。

反対に、ビジネススキルについては、応募要件を満たせていない場合には、
転職活動が難航していまう可能性が高いようです。。。

 

(例)
リーダー経験や、顧客との折衝を求められる場合には、
実務経験がないと難しいケースが多い。

 

また、年収面についての考え方としましては、
要求される要件とのマッチ度合いが高い場合には
即戦力として活躍できる可能性が高いと判断され年収UPの要求は通りやすく、
逆に要件を満たせていない場合には年収UPの要求は難航しやすいことが一般的です。。。

 

まとめ

 

①で自分の理想を明確にして、

②で転職市場のニーズとのマッチ度合いを考えながら転職のゴールを設定する。

 

このプロセスを最初に踏んで頂ければ、
ハッピーな転職を実現しやすくなると思います。

上記をお一人で進めて頂くのは大変かもしれません。
転職をお考えになられたら、どうぞお気軽に「キャリア相談」にお申込みください。

 

私たちとの会話を通じて皆さんの理想を明確化して頂けるように、
また、転職市場のニーズを踏まえたゴール設定ができるように、
過去事例や、具体的な情報を積極的にご提供いたします。

皆さんのお役に立てるよう全力で頑張ります!

■書類作成ノウハウ

 

転職活動における一番最初のハードルは書類選考です。

 

しっかりと履歴書・職務経歴書を作り込んでおけば、
書類選考の合格率が高くなり転職活動を有利に進めることができます。

 

ここでは、皆さんが転職活動を有利に進められるよう、
履歴書・職務経歴書作成する際のポイントを記載していきます。

 

●履歴書

 

 

履歴書には最低限以下の点を記載する必要がありますので、
下記項目が含まれる形で履歴書を作成ください。

【必要な項目】
・生年月日、ご年齢
・学歴
・職歴
・資格
・健康状態
・家族構成、扶養家族の有無

 

※履歴書に添付するお写真も必要になります。
写真ファイルを履歴書に張り付けるのをお勧めしたいです。

 

 

【作成のポイント】

 

 

1)学歴について
高校以降の学歴の入学・卒業年月をすべてご記載ください。

職業訓練校等、短期間の通学経験がある場合にもその旨をご記載ください。

 

2)職歴について
所属企業の社名、入社・退職年月をすべてご記載ください。

空白の期間は無い方が好ましいため、
アルバイト期間や、フリーランスとして活動をしていた期間がございましたら、
その旨を職歴に記載することをお勧めしたいです。

※履歴書では業務内容の記載は不要です。

3)健康状態について
入社後会社から特別な配慮が必要ない場合には良好とご記載ください。

 

4)ご趣味について
必須ではございませんが、お人柄面のアピールする目的で
ご趣味を記載頂くことをお勧めしています。

 

趣味の話で盛り上がり、面接官から好意的に面接をして
もらえたました、というお話はよく聞きます。

 

●職務経歴書


これまでのキャリアを振り返りながら職務経歴書を作って頂くことで
ご自身の強みを再発見できるかもしれません。

自信を持って転職活動に踏み出すためにも、
以下を参考に職務経歴書を作成してみてください。

 

もしスキルシートがお手元にある場合には、
スキルシートをベースに職務経歴書を作って頂いても大丈夫です。

【必要な項目】
・冒頭部での強みのアピール
・所属企業ごとの入社・退職年月
・所属企業ごとの職務内容、職位
・自己PR

 

【作成のポイント】

 

1)冒頭部での強みのアピール

忙しい面接官に自分を印象付けるためにも、
冒頭部にて自分の強みをしっかりとアピールしましょう。

その際には、数字を盛り込むことができますと、
より面接官に強くアピールをしていくことが可能です。

特にアピールしたい言語や、ツールを記載するのも効果的です。

 

(例)
■経歴の強み
・WEB系システム開発経験 7年 (Java、struts、spring boot)
・リーダー経験 3年 (最大5名を管理)
・運用面を配慮したコーディング

 

2)職務経歴のアピール

過去のプロジェクトにつきまして
技術環境や自分の役割(SE/PL/PM)、プロジェクト人数、担当工程をご記載下さい。

ご自身が関わることで成し遂げた点、特別な成果を残せた場合には、
その内容につきましては是非記載をしてください。

プロジェクトの数が多い場合には、いくつかプロジェクトを抜粋するか、
期間を分けてまとめて記載してください。

 

3)自己PRについて

アピールしたい内容につきましては、
いくつか小見出し作って頂くと書きやすくなると思います。
まずは小見出しを3つ程度決めてから、自己PRの内容を記載してみて下さい。

(小見出し 事例)
・マネジメント経験について
・仕事のモットー
・今後のビジョン
・自己学習について

 

特に自己学習につきましては、
GithubやQiitaにて学習の成果を開示頂ける場合には、選考が有利に進むことがございます。
可能でしたら自己学習の項目にて共有下さい。

 

職務経歴書の作成にあたりまして形式は自由ですが、
書類選考に合格しやすいフォーマットを準備してありますので、
ご興味がある方は別途お声がけください。

 

 

履歴書フォーマットダウンロードはこちら

職務経歴書フォーマットダウンロードはこちら

【IT業界研究】

2021年5月7日 【知っておきたい豆知識】IT企業の縮図 どんな種類があるの? 後編 こんにちは、ジェイマックスリクルートメントです! 転職活動を始める上では、そもそもIT企業にはどの...


2021年5月3日 【知っておきたい豆知識】IT企業の縮図 どんな種類があるの? 前編 こんにちは!ジェイマックスリクルートメントです。 エンジニアとして働く中では、自分の経験が活かせる...


【転職の裏技】

2021年5月3日 【知っておきたい豆知識】転職活動の裏技 ~これでストレスフリー~ 転職の裏技   普段皆さんの転職活動のご支援をしていますと、 「そんなこ...


【面接対策】

2021年5月3日 【採用面接を楽しむコツ】面接対策ノウハウ ~まずは事前準備を~ ■面接対策   面接というと苦手意識を持っている方もいらっしゃるかと思いま...


【書類作成ノウハウ】

2021年5月3日 【まずはここから】書類作成ノウハウ ~履歴書・職務経歴書で差をつける~ ■書類作成ノウハウ   転職活動における一番最初のハードルは書類選考です。...


【転職の準備】

2021年5月3日 【転職活動を始める前に】 自分と向き合って転職のゴールを考えてみる ■転職準備編 「理想の明確化と、転職市場のニーズを踏まえたゴール設定」   ...


【IT業界研究】

2021年5月7日 【知っておきたい豆知識】IT企業の縮図 どんな種類があるの? 後編 こんにちは、ジェイマックスリクルートメントです! 転職活動を始める上では、そもそもIT企業にはどの...


2021年5月3日 【知っておきたい豆知識】IT企業の縮図 どんな種類があるの? 前編 こんにちは!ジェイマックスリクルートメントです。 エンジニアとして働く中では、自分の経験が活かせる...


【書類作成ノウハウ】

2021年5月3日 【まずはここから】書類作成ノウハウ ~履歴書・職務経歴書で差をつける~ ■書類作成ノウハウ   転職活動における一番最初のハードルは書類選考です。...


【転職の準備】

2021年5月3日 【転職活動を始める前に】 自分と向き合って転職のゴールを考えてみる ■転職準備編 「理想の明確化と、転職市場のニーズを踏まえたゴール設定」   ...


【転職の裏技】

2021年5月3日 【知っておきたい豆知識】転職活動の裏技 ~これでストレスフリー~ 転職の裏技   普段皆さんの転職活動のご支援をしていますと、 「そんなこ...


【面接対策】

2021年5月3日 【採用面接を楽しむコツ】面接対策ノウハウ ~まずは事前準備を~ ■面接対策   面接というと苦手意識を持っている方もいらっしゃるかと思いま...


新着求人情報


【全国在宅勤務可】プロダクトマネージャー ※フレックス/残業少/クラウドファンディング事業
勤務地完全在宅勤務可能
本社:東京都千代田
給与想定年収:500~900万円
【リモート勤務あり/ ユーザーと近い距離で働く 】WEBアンケート画面作成プログラマー
勤務地東京都港区
最寄駅:品川駅   
給与想定年収:400~750万円
【 新しいプロダクト、サービスの創出への挑戦 】社内システム企画(新規事業)
勤務地東京都港区
最寄駅:品川駅   
給与想定年収:400~800万円
求人一覧はこちら >
 

SNS LINK

最新のインタビューや業界転職情報を配信中

Copyright 2021 Jmax recruitment co.,ltd.